2015年10月24日

手紙

実家に手紙が立て続けに2通届いた。
1通目は父親に対する損害賠償として5000億円の請求書。
もちろんそんなお金はありえない。
そして数日後、2通目が届いた。
愛用していたノートパソコンと古家のカギと住所を記載したものを
送ってほしいとのこと。古家は関西地方にあり祖母が以前住んでいた。
幼少のころには夏休みになるたびに遊びに行った思い出の地である。
しかし、現在は廃屋のような状態になっていてとても住むことのできる
状態にはない。
ノートパソコンを家族からの手紙を添えて宅急便で送った。

どうやら預金通帳を頻繁にチェックしている様子があり、毎月減少していくばかりの
残高に不安を覚えているように思える。





posted by 精神疾患予防回復トレーナー・フリーライター at 14:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

音沙汰

実家にはがきが届いた。郵便局からのお知らせである。
弟宛だったが、親父が誤って開封。どうやら通帳が一杯になってしまい、
通帳を繰り越したときの残高確認のものだった。
この残高通知書類の店番号が彼の現在の居所をあらわしていた。
どうやら今のところ転居はしていないらしい。
何とか無事のようだ。ブログの更新がなくなった今、手がかりとなるのは
こういったことくらいである。

ところで、先日うちの最寄り駅で飛び込みがあったらしい。たまたま付近を通りがかった。
安否はわかりませんでしたが、うわさによると学生らしい。

人間生きていれば何か良いことがあると思います。確かにそのときはつらいことがあったとしても。。
ただ生きている、生存している、それだけで十分なんじゃないかと最近はよく思います。
人間はいろいろ欲求があったりします。悩みがあったりします。
でも、生きている、それだけでいい。


posted by 精神疾患予防回復トレーナー・フリーライター at 12:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする