2017年01月11日

ビクつき

時々、体全体をビクっと動かすような動作をする。
これは果たしてエビリファイによる副作用なのか、統合失調症という病気そのものなのか?
見分けがつきにくい。私たち家族がオーストラリア入院後の彼の様子を見た数週間は体のビクつき
はなかったと記憶している。診ていただいたオーストラリアの医師の記述によると入院初期に体のビクつきが
見られた。とのことだが薬を変えたところビクつきが減少したとのこと。ということをかんがみると
やはり薬の副作用なのではないか?記述されている副作用の種類があまりにも多く、どれかには当てはまっ
てしまう。
よくもまあこれほどひどい副作用のある薬でも服薬するほかないのはこの病にはまってしまった人にはやむ終えないのか?

3度目の発作を起こす以前、薬の服用をしていないときに体のビクつきがありました。その時分は統合失調症の症状というものはまったく見受けられず、「健康な状態」そのもののように思えましたが、時たま見受けられるビクつき。それはまるで犯された神経の根っこの部分の腫れがまだひいていない、そんな風に思えました。



          
                 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
【関連する記事】
posted by 精神疾患予防回復トレーナー・フリーライター at 21:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: