2017年05月17日

エビリファイ3mgに

副作用と思われる痙攣、ひきつけなどの症状を主治医に訴えた結果、
エビリファイ3mgに減薬となりました。
この用量では幼児向けとのことです。幻聴、幻覚などの自覚はないとのこと。

確かに、痙攣のようなビクッと体をさせるような症状は緩和されたように思う。
口からフーっと息を吐くような動作に大きな改善は見られていない。
断薬しないかぎり副作用と思われる症状はなくなることはないのかもしれない。
しかし、断薬すればまた元の症状がぶり返すのではないか。

現在の副作用と思われる症状を抱えながら働くことはとても難しいように思う。
たとえ他のクスリに変えたとしても副作用がなくなるということはないのだろう。
早く働きたいという想いと再発することへの不安というジレンマをどのように解決
すべきなのか、頭の痛いところである。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
posted by 精神疾患予防回復トレーナー・フリーライター at 15:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

最近の様子

フーっと息を吐くことは未だに収まらない。
体をびくっとさせる(発作のようなもの)ことも収まらない。
睡眠中はそういったものはない様子。
おなかをボコボコとたたかれるような感覚も未だにあるようだ。
全体の症状は変わっていないように見える。

エビリファイの用量を減らしたからか、口数は以前よりも増えたように思う。
以前と同じような感じで会話ができるようになってきたように感じる。

毎日、運動をするように指導している。
約3−4KMの走りこみは毎日欠かさない。

食事は糖分を減らすように指導している。
また、オメガ3、アマニのオイルも積極的に摂取。

最近は自律神経に効くと言われている呼吸法なども取り入れている。





              にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
posted by 精神疾患予防回復トレーナー・フリーライター at 15:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

今週の様子

口数が非常に少ない。前回、クスリを飲まなかった日があったが、そのときの調子とは
まるで違う。以前のような生き生きとした感じがないのが悲しい。
本当の自分を取り戻してほしい。無理なお願いか・・・。

医師の見立てとしては仕事をできるレベルにあるとのことだったが、本人は活字を読むことが
できず、仕事などできるレベルではないと言っている。このギャップはなになのか?
やはり、自分のことは自分にしかわからないということなのだろう。

「ふーっ」と息を吐くことはまだある。体の痙攣もあるが、日によって変化するようだ。
副作用なのか?症状なのか?

「アタック25」には参加して多数回答。頭脳は明晰か?

サッカー観戦中は症状が治まっているようだ。





              にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

posted by 精神疾患予防回復トレーナー・フリーライター at 15:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする