2017年03月14日

現在の症状など

口から息をフーッっと出す。
幻覚だろう。これは以前にも見られた行為だ。

日課としてジョギングを始めた。20〜30分走り続ける。
走っている最中は調子が良いようだが、疲れを感じにくいみたいだ。

胸をドン!と突き上げるような幻覚があるようだ。担当医によると副作用
との診断。本人は症状そのものである、との意見。

血糖値の値が上限ぎりぎりのようだ。精神的な病になる人の
多くが高血糖であるとの報告もある。認知症になる人の多くが
高血糖、との研究もある。

血糖値の低減をターゲットにして生活習慣の改善を図るつもりだ。

ランドセンが減りました。しかし、熟睡感を得られなくなったみたいだ。





                にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
posted by 精神疾患予防回復トレーナー・フリーライター at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

焦り

最近、また調子が悪くなってきたようだ。本を読むことができないらしい。
時々、顔を引きつらせている。以前もこのような症状はありました。
副作用だろうか?病気の症状だろうか?
きちんと薬は服用しているようなのだが・・・。

就職活動を始めようとしていて、情報誌などを取ってきている。企業にも
アクセスしているみたいだ。そんなこともストレスになっているのでは
ないだろうか。
退院からまだ半年しか経過していない。まだまだ早すぎるように思う。
本人は長らく仕事に就いていないこともあり、焦りがあるようだ。





              にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村 
posted by 精神疾患予防回復トレーナー・フリーライター at 20:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

ビクつき

時々、体全体をビクっと動かすような動作をする。
これは果たしてエビリファイによる副作用なのか、統合失調症という病気そのものなのか?
見分けがつきにくい。私たち家族がオーストラリア入院後の彼の様子を見た数週間は体のビクつき
はなかったと記憶している。診ていただいたオーストラリアの医師の記述によると入院初期に体のビクつきが
見られた。とのことだが薬を変えたところビクつきが減少したとのこと。ということをかんがみると
やはり薬の副作用なのではないか?記述されている副作用の種類があまりにも多く、どれかには当てはまっ
てしまう。
よくもまあこれほどひどい副作用のある薬でも服薬するほかないのはこの病にはまってしまった人にはやむ終えないのか?

3度目の発作を起こす以前、薬の服用をしていないときに体のビクつきがありました。その時分は統合失調症の症状というものはまったく見受けられず、「健康な状態」そのもののように思えましたが、時たま見受けられるビクつき。それはまるで犯された神経の根っこの部分の腫れがまだひいていない、そんな風に思えました。



          
                 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
posted by 精神疾患予防回復トレーナー・フリーライター at 21:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする