2017年04月24日

エビリファイ6ミリ

エビリファイ6ミリのみの処方となりました。
しかしながら症状はあまり変わらないように見えます。
口元のひきつけあり。
口から息をふーっと吐き出す。
時折、体をビクっとさせる。
本を読むことができません。

スポーツ観戦中やジョギングなどの運動中は口元のひきつけや
息を吐き出すこともありません。以前よりも口数は多くなったように
思います。
症状が良い時と悪い時があります。

医師によれば副作用によるものではなく治療が遅れたことが治癒を遅らせ
ているのではないか、との見解。

母親によると精神的なものの影響もあるのではないか?との見解。





             にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村


posted by 精神疾患予防回復トレーナー・フリーライター at 16:52| Comment(0) | いますぐできる統合失調症治療法・予防法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

ガムの効果

退院から約半年。徐々に本来の調子を取り戻しつつあるように見える。
しかし、半年ではまだまだ本来の回復には遠いように私は感じている。
というのも前回、発作を起こした際も半年くらいで回復したかのように
感じられたからである。担当の医師からは5月くらいから仕事を探して
みてはどうか?というようなことを言われているみたいですが、私はまだ
就職活動をするには時期尚早のように思う。なにしろまだ、エビリファイ
(12mg)を服用している。もっと用量を減らさなくてはならないのでは?
口数は以前に比べるととても少ない。声色もすごく弱弱しい。これでは社会に
でても、つぶされてしまうように思う。

ガムを噛んでいると調子が良いらしい。咀嚼はリズム運動であり、セロトニン
を増やす効果があるとの記述が「脳ストレスが消える生き方」という本に記載が
あります。また、「統合失調症本当の原因」という本にはセロトニン欠乏が統合
失調症などの精神病に重要な役割を果たしているとの記述があります。
統合失調症である弟の様子を見てそういった本に記載されている記述が徐々に実証
されつつあるように思います。
エビリファイの効果は本人曰く、効かないようです。

最近ではランニングを始めました。ランニングはセロトニンを増加させる狙いです。
継続させるつもりです。その効果も後々書いていきたいと思います。





               にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
posted by 精神疾患予防回復トレーナー・フリーライター at 21:50| Comment(0) | いますぐできる統合失調症治療法・予防法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

最新ストレス対策(キラーストレス第2回より)


○マインドフルネス

マサチューッセッツ大学医学部のプログラム
瞑想の宗教性を排除

@目を閉じ、体の力を抜き、背筋を伸ばして座る。→浮かんでくる雑念は考えないようにする。

A体と呼吸に意識を向け、その様子をただ感じる。

B今の瞬間の体や呼吸の感覚に意識を戻す。

毎日、10分程度から始める。

研究によると、体の不調は約35パーセント、心の不調は約40パーセント軽減されることがわかりました。


マインドフルネス→「今」に注意を向ける。→過去・未来(マインドワンダリング)ではなく「今」に注意を向けることでコルチゾール(ストレスホルモン)の分泌を抑えられる。

8週間のプログラムで海馬が5パーセント回復、偏桃体が5パーセント減少するとの研究結果。





                 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村

                 
posted by 精神疾患予防回復トレーナー・フリーライター at 20:59| Comment(0) | いますぐできる統合失調症治療法・予防法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする