2017年05月17日

エビリファイ3mgに

副作用と思われる痙攣、ひきつけなどの症状を主治医に訴えた結果、
エビリファイ3mgに減薬となりました。
この用量では幼児向けとのことです。幻聴、幻覚などの自覚はないとのこと。

確かに、痙攣のようなビクッと体をさせるような症状は緩和されたように思う。
口からフーっと息を吐くような動作に大きな改善は見られていない。
断薬しないかぎり副作用と思われる症状はなくなることはないのかもしれない。
しかし、断薬すればまた元の症状がぶり返すのではないか。

現在の副作用と思われる症状を抱えながら働くことはとても難しいように思う。
たとえ他のクスリに変えたとしても副作用がなくなるということはないのだろう。
早く働きたいという想いと再発することへの不安というジレンマをどのように解決
すべきなのか、頭の痛いところである。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
posted by 精神疾患予防回復トレーナー・フリーライター at 15:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

最近の様子

フーっと息を吐くことは未だに収まらない。
体をびくっとさせる(発作のようなもの)ことも収まらない。
睡眠中はそういったものはない様子。
おなかをボコボコとたたかれるような感覚も未だにあるようだ。
全体の症状は変わっていないように見える。

エビリファイの用量を減らしたからか、口数は以前よりも増えたように思う。
以前と同じような感じで会話ができるようになってきたように感じる。

毎日、運動をするように指導している。
約3−4KMの走りこみは毎日欠かさない。

食事は糖分を減らすように指導している。
また、オメガ3、アマニのオイルも積極的に摂取。

最近は自律神経に効くと言われている呼吸法なども取り入れている。





              にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
posted by 精神疾患予防回復トレーナー・フリーライター at 15:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

エビリファイ6ミリ

エビリファイ6ミリのみの処方となりました。
しかしながら症状はあまり変わらないように見えます。
口元のひきつけあり。
口から息をふーっと吐き出す。
時折、体をビクっとさせる。
本を読むことができません。

スポーツ観戦中やジョギングなどの運動中は口元のひきつけや
息を吐き出すこともありません。以前よりも口数は多くなったように
思います。
症状が良い時と悪い時があります。

医師によれば副作用によるものではなく治療が遅れたことが治癒を遅らせ
ているのではないか、との見解。

母親によると精神的なものの影響もあるのではないか?との見解。





             にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村


posted by 精神疾患予防回復トレーナー・フリーライター at 16:52| Comment(0) | いますぐできる統合失調症治療法・予防法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする